地球資源を守る!産廃処理は廃油やガレキ選別の徹底で成功する

男女の作業員

工業油の処理

作業員

あらゆる業界で燃料として使用されている工業油は、資源保全のために廃油をリサイクルされる動きが活発です。不要な水分や不純物を取り除くスラッジ除去や遠心分離は、専門業者に依頼をして処理してもらうのが一般的です。

詳細を読む

明確な処理が必要

工場

不法投棄の弊害

新聞やニュースでも度々取り上げられる産廃処理の問題は、モラルだけの問題ではありません。不当な方法で廃棄された産業廃棄物は、その廃棄された川や山などから汚染されます。これが生態系を破壊することになり、地球環境に悪影響を与えてしまうきっかけになるのです。また、有害な産業廃棄物になると、そこから公害病が発生することも考えられるので、産廃処理は法的に定められた方法で扱うことが求められています。

フローを固める必要性

産業廃棄物を取り扱うことになる開発・解体などを行なう事業所や製造工場は、まず、現場で出てくる産廃処理に関するフローを固める必要があります。フローが曖昧なままで事業を進めていくと、産廃処理の際に適正な対処ができていない抜け穴ができてしまい、処罰の対象となってしまうことも考えられるでしょう。ここは、産廃処理の第一段階である収集と中間処理を行なう業者を選定し、依頼をすることが必要です。

選定基準のポイント

業者の選定において大事なことは、業者の作業フローが明確に示されているかどうか。事業所側で安全・安心な処理を行なおうとしても、依頼している処理業者が不明確だと意味がありません。どのタイミングで産業廃棄物の収集・運搬を行ない、処理するのかをキチンと説明してくれるところを選ぶことが必要でしょう。
また、産廃処理までワンストップで依頼する場合は、許可を受けているかどうかの確認も必須です。いくら正しい方法で処理されていても、国からの許可を受けていない業者は罰則の対象となるので十分注意しましょう。

リサイクルに適している

工場

混合廃棄物の中でもリサイクルしやすいガレキは、ガレキ選別をして再生クラッシャランとして活用されます。さらに、粉砕機を使用することで希少価値の高い再生骨材に用いることも可能です。

詳細を読む

選別機の運用

男性作業員

工事現場の解体工事中に出てくる混合廃棄物は、産廃選別を行なう必要があります。材質ごとに適した選別機を用いることで、作業をスムーズに進めることができるので人気です。

詳細を読む